小太刀賢のアーティチョーク茹でました

役者・小太刀賢が、日記のような週記のような、日々のよしなしごとをそこはかとなく書きつくるブログです

カット野菜

みなさん、こんばんわ。

 

一人暮らしをして結構な月日が経ったけれど、カット野菜って便利だなってあらためて思う。料理をするのに、野菜を使い切ることの大変さやそもそも野菜を切ることの面倒臭さっていうのは、一人暮らしするようになってようやっと身に染みたものだった。時間がある時ならいいけれど、バイトとか稽古からへとへとになって帰ってきて、よしじゃあ一から料理するぞ、とはならないものだ。でもカット野菜を使うと、それでも料理のハードルが下がって、まぁ軽く炒めるかと重い腰を上げることができる。ありがたいものである。

 

おんなじように、スーパーやコンビニにある惣菜もありがたい。あと一品欲しいなって時に、じゃあそれを作るってなるとそれなりの手間隙がかかって、時間も食材も予想以上にかかったりする。それなら惣菜をぱっと買った方が合理的だ。味も保証されてるし。

 

たしかに、カット野菜とか惣菜って、切る前の野菜や調理する前の食材から考えたら割高かもしれない。でも、それを切ったり調理したりの手間隙をお金に換算して考えればそんなに高いもんでもない。むしろそこに費やすエネルギーを考えればむしろお釣りがくるくらいかも。だから僕は率先して楽をしていきたい。

 

時間をかけて料理するのは嫌いじゃない。昨日おでんを作ったけれど、

f:id:kantoku87:20210119215507j:image

下準備も自分でちゃんとやって作った。もうあらかじめ調理されてるものや下準備されてるものだってあるし、実際それらは美味いんだけど、それでも面倒くさくても時間をかけて作った。結果美味しくできた。でもそれによって出来合いのものより俄然美味しくできたかといえば残念ながらそうじゃない。むしろ手間を考えれば出来合いのものの方が美味しく安上がりだったと思う。でもただ僕は料理がしたかったからしただけで、その料理の時間が楽しかったからそれはそれでいいのだ。

しかしこれも時間があったからやりたいと思ったわけで、時間のない時に同じことをしろってなっても楽しんでできなかったと思う。時間のゆとりは心のゆとりに繋がるからね。時間をお金で買えるなら買った方がいいこともあるさ。

 

ようはどれだけ手を抜くかってことなんだろうな。どこに重きを置くか。そこさえ見誤らなければ、だいたいはスムーズにいくんだろうな。

こだぽっど-フランスの「大使たち」- No.16

みなさん、こんばんわ。

 

こだぽっど-フランスの「大使たち」- No.16を更新しましたー!

 

f:id:kantoku87:20210118233042p:image

 

今回は2021年一発目ということで、抱負的なことを話しています。

 

こちらからお聞きいただけます。

https://anchor.fm/u5c0fu592au5200/episodes/No-162021-ep4gs2

 

以下のプラットフォームでも随時更新されてお聞きいただけます。

 

Spotify

https://open.spotify.com/show/3d6iXLTBGB6DkR7uCsmUrh

 

Google Podcasts

https://www.google.com/podcasts?feed=aHR0cHM6Ly9hbmNob3IuZm0vcy8xOWE2ZTliMC9wb2RjYXN0L3Jzcw==

 

PocketCasts

https://pca.st/k4i9baro

 

Breaker

https://www.breaker.audio/kodapotudo-huransuno-da-shi-tati

 

RadioPublic

https://radiopublic.com/-8QkzAP

 

Apple Podcasts

https://podcasts.apple.com/us/podcast/%E3%81%93%E3%81%A0%E3%81%BD%E3%81%A3%E3%81%A9-%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%81%AE-%E5%A4%A7%E4%BD%BF%E3%81%9F%E3%81%A1/id1510862311?uo=4

 

(BGM:MusMus)

ビッグマック

みなさん、こんばんわ。

 

今日久しぶりにマックに行った。

ビッグマックがお安くなっているっていうんで、それにつられて行ってきた。

f:id:kantoku87:20210117193807j:image

もちろんビッグマックを注文。やっぱり美味しいなぁ。久しぶりっていうスパイスも加味されて、満足感は上々だ。

 

食べながら、ふと大学時代のことを思い出した。あぁあの頃はよくマックに行ったなと。

お金がないから、時間を潰すといえばマックだった。ちょうどマックの100円コーヒーが話題になった頃で、大学生が気軽にお茶するにはうってつけだった。そこで大学のレポートをやったこともあったし、大学サークルの公演の打ち上げ終わりは始発までマックで仮眠したりした。大学生活にマックありであった。

 

大学を卒業した後もだいぶお世話になったな。社会人時代はその日教わったことを復習するために家の近くのマックを使った。たすいちに入る前に主宰していた団体のミーティングもよくマックでした。

 

イギリスに一人旅で行った時、どこで食事したらいいか迷った時はついついマックに入った。日本の比べると少し割高だしせっかくの海外旅行でマックなのかってなるけれど、慣れ親しんだ場所は落ち着いた。

 

20代前半はお世話になったマックも、20代後半から最近まではあまり行かなくなってしまった。別に大した理由があるわけじゃないけれど、今日みたいに久しぶりに行くといい意味でノスタルジックに浸れていいもんだなと思う。普通にハンバーガー美味しいしね。

 

 

普通の土曜日

みなさん、こんばんわ。

 

今日はとってもあったかかったですね。4月くらいの気温だったらしく、気分も上向きになりますね。寒さは気持ちが落ち込みやすい。そんな中でのこの陽気は、心のいい休養になる。

 

家の中ではストーブが友達。離れられない。でもそのせいで先月の電気代がすっごい。でも離れられない。どこ行くにもついてきて欲しい。

 

寒いのは辛いし嫌だけど、寒さの中で暖かいものにふれてる時間って幸せ。そういうのがあると、寒いのも悪くないなって思う。

 

明日はまた寒さが戻るとのこと。この揺り戻しは体にこたえる。体調を崩さないようにしないと。

 

そういえば、コロナ禍でマスクをするようになってインフルエンザがすくなくなったそうで、そういう意味ではマスクをする習慣ができたのはありがたい。たしかに年末年始に風邪引きがちなんだけど今年は大丈夫だった。だからちょっと油断してる部分がある気がして、新型コロナ対策も含め、体調管理をしっかりしていかなくてはと気を引き締める。

 

今日のブログはこんな感じ。みなさまも体調を崩さないようお気をつけてくださいませ。今一度の意識、大事ですね。

転換点

みなさん、こんばんわ。

 

アメリカ・カリフォルニア州にあるディズニーランドが年間パスポートの販売を終了するというのだ。約40年も販売していたものが終了する。原因はもちろん新型コロナだ。

 

新型コロナが流行し始めた昨年から、何十年と続いてきた企業やお店が倒産したり、何十年続いている行事が初めて中止になるといったニュースをよく見る。これまで当たり前だと感じてしまうほどに長く続いていたことが明日になったらぱたと途切れてしまう。そんな少し前には想像もしなかったような出来事が起きている。人間の営みの転換期になるであろう今にいるのだということを改めてひしひしと感じる。

 

そんな大きな転換点であっても、前向きな切り替えではないから喜ばしいことではないし、明日がどうなるかも見えない不安の中では、転換点だなんて知ったこっちゃないやって感じだ。

 

でもこの今移り変わっている現状を、あぁ移りゆくなぁと眺めているだけじゃダメなのかなとも思っている。転換点であるのなら、世の中の変わり様や今この状況で自分は何を思うのかって部分はしっかりと覚えていて記憶に残しといた方がいいのだと思う。それがこの後の時代を過ごしていく上での礎になっていくんじゃないかなって気がしているのだ。考え過ぎかな。

 

というか、今この大変な状況で大変な思いをしているなら、その分の見返りが欲しいなって思っちゃうのだ。辛く苦しいなら、それを耐えるれるほどの何かが欲しいのだ。だとしたらそれは、今のこの経験が、後々の自分の役に立つっていう思いなのかななんて考えるのだ。

 

今こうやって文字に残しているのも後の自分に役立てばこその部分はある。文字として残して、今考えていることを忘れないように。

未来の自分がこれを読んで何かに役立ててくれたら嬉しいもんだな。

白ワインを買って

みなさん、こんばんわ。

 

今日白ワインを買った。

f:id:kantoku87:20210114215746j:image

ドイツのワイン。リースリング。格安ワインだけどね、それでいいのだ。デイリーワイン。

 

フルーティーで飲みやすい。かぱかぱ飲めちゃう。クセがないからなんの料理にも合いそうだ。

 

手頃な値段で美味しいお酒が飲めるってのは豊かだなって思う。

値段が高ければそれ相応に美味しいものが飲めると思うけど、安くて美味しいのをみつけられた時ってのは格別な嬉しさがある。

 

みんなでわいわいやりながら飲むのは好きだ。特に今はそんな時間が恋しくなる。でも家で一人お酒を飲む時間ってのも贅沢でいいなと思う。美味しいお酒飲んで、録っていた番組を流し見して、いい時間だ。大人の特権。お酒が飲める年齢になってよかった。

 

ワインとかビールとか、日本酒でもそうだけど、興味を持って知れば知るほどその原産地で飲みたいなってなってきますよね。本場で飲むのがやはり美味しいだろうし、その本場の土地柄を感じながらってのが格別な美味しさに繋がるだろうし、その土地に赴いてお酒を楽しみたいって思う。今はなかなか難しいから、大手を振るって大丈夫になったら、お酒を巡るたびみたいのしてみたいな。

 

うん、いいほろ酔いだ。明日も頑張れる。明日の活力になるのもお酒のいいとこやな。

道すがら

みなさん、こんばんわ。

 

自分の家から駅までの道すがらに、最近新しい家やアパートがどんどん建ってきている。出来上がりが近いから最近気付いたわけで着工はもっと前だろうけれど、にしても目立って多いような気がする。その完成間近の建物を横目に駅に向かっていると、なんだか気持ちがしゃんとなる。力を貰っているような背中を押してもらっているような、そんな感覚を受ける。あぁ街は動いているんだな。その事が嬉しい。

 

今はどうしたって気持ちが落ち込みがちだ。先行きが見えず、留まることがよしなのかと思えてくる。そんな中で、これからに向かって新しいものが出来上がっていく様というのは、きらきら光った力があるように見える。未来はまだ決まっちゃいねぇぞと、物言わぬそれらが語ってくれている気がしてくる。夢見がちかな。

 

片や、昨年の緊急事態宣言中に閉店したお店がいまだそのままになっているところも目にする。もう見慣れた風景となったが、それでもちくりとする。でも僕には何もできない。ただ前を通り過ぎるだけだ。

 

世の中は目まぐるしい。目では追いつけないことがある。そんな中でもこれはと心が動いたものは、しっかりと掬い上げて大事にしたいなと思う。